スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Update: 他DBの情報でアップデートする

UPDATE T_T0 T0
INNER JOIN T_T1 T1
ON T0.Key変数 = T1.Key変数
SET T0.変数1 = T1.変数1, T0.変数2 = T1.変数2
スポンサーサイト

Delete文(Select:他DBとマッチしたものを削除)

DELETE FROM T_AAA A
WHERE A.Key変数 in (
SELECT Key変数 FROM T_BBB
)

VBAでSQL結果を使う

Dim objDB
Dim objRS
dim freq as long

'DBオブジェクトを作ります
Set objDB = CurrentDb
Set objRS = objDB.OpenRecordset("sql文")
freq = objRS("変数名")

『ファイルを開く』ダイアログを使う



Function GetFileName_Dlg()

Const ENABLE_WIZHOOK = 51488399
Const DISABLE_WIZHOOK = 0
Dim strFile As String
Dim intResult As Integer
WizHook.Key = ENABLE_WIZHOOK ' WizHook 有効化
intResult = WizHook.GetFileName( _
0, "", "", "", strFile, CurrentProject.Path, _
"CSV (カンマ区切り) (*.csv)|*.csv|すべてのファイル (*.*)|*.csv", _
0, 0, 0, True _
)
WizHook.Key = DISABLE_WIZHOOK ' WizHook 無効化
TestGetFileName = strFile

End Function


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。