スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Blackberryケース

BlackBerry ケース(ブラックベリーケース)








色違い(ブラウン)
















革パーツ
革(表):約2デシ
革(裏):約2デシ
その他パーツ 特になし
作成時間 4時間



【仕込み】
革の裁断

  1. 本体は、上下の部分はきっちりと、左右はゆとりをもって裁断。ちなみに、下の斜めの部分もきっちり切っておく。

  2. 裏革はきっちり裁断し、周囲5mm をすいておく。

  3. 上の部分は、すいて伸びたら、その部分も切り落としてゼロすきするように。左右と下はそこまで厳密にする必要なし。



作成

  1. 表革の周囲(特に裏面のコバ付近・・・張り合わせた後コバ磨きできれいにするため)を色塗りしたあと、裏革を表革に張り合わせる。

  2. 上側(斜め部分も) のコバを磨く。そして縫う(上側だけ・・・表革と裏革を)

  3. 底を内縫いする

  4. 両サイドを張り合わせ、まずはコバ処理。縫い始めと縫い終わりで糸がコバを周るので。

  5. 一番上の縫い穴から、二周外を回したあとしたに縫進む。最後も斜め部分で二周し、2穴上に戻って終了。

スポンサーサイト

FETCHの使い方(ファイルを次々読み込む)

ファイル一覧リストがあり、それぞれのファイルを取り込むための処理サンプル。
以前はVBでfor文を回していたが、そのfor文をSQLで書くとこんな感じ。
FETCHを使っています。

以下のサンプルは、『「List.txt」に書かれてあるファイルをすべてテーブルに取り込む』というもの。
ちなみに、List.txtにはフルパスで書かれていてる前提です。
また、バルクで取り込んでいるので、そのための「フォーマットファイル」もある前提です。





print CONVERT(char(12), GETDATE(), 14)

/*--- 取込対象リスト ----------------------------*/
CREATE TABLE #T_temp_TargetFile (
[fn] char(255) not null primary key
);

BULK INSERT #T_temp_TargetFile
FROM 'C:\temp\List.txt'
WITH (
FIELDTERMINATOR = ',',
ROWTERMINATOR = '\n'
)
;

/*--- 取込開始 -----------------------------------*/
DECLARE FNLIST CURSOR FOR
SELECT fn from #T_temp_TargetFile
;
DECLARE @fn nvarchar(255);

OPEN FNLIST;

FETCH NEXT FROM FNLIST INTO @fn
WHILE @@FETCH_STATUS = 0
BEGIN

declare @charind int ;
set @charind = 1 ;

print '--- 取込 -------------------------------'
exec('
BULK Insert T_temp
From ''' + @fn + '''
With (Formatfile=''C:\temp\formatfile.txt'')
;
') ;

print cast(@@rowcount as nvarchar) + '件取込' ;

-- 次へループ
FETCH NEXT FROM FNLIST INTO @fn ;
END

CLOSE FNLIST ;

-- 後処理 -----;
deallocate FNLIST
drop table #T_temp_TargetFile


print CONVERT(char(12), GETDATE(), 14)

InStrRevのSQL版

VBではInStrRevという、特定文字列を逆から検索する関数があるが、SQL SERVERでは見当たらなかったので、自作。
CharIndexを使ってます。

以下のサンプルでは、「\」を逆から検索するもの。

declare @charind int ;
set @charind = 1 ;

-- \より右側を取得する --
WHILE @charind > 0
BEGIN
set @charind = charindex('\',@fn) ;
IF @charind > 0
set @fn = rtrim(substring(@fn,@charind+1,len(@fn))) ;
END

MyDrop ・・・ あればテーブル削除

「テーブルを削除する」という簡単なことも、「なければエラー」になったり、「一時テーブルはtempDBを見に行くため、USEコマンドをつかわないとだめ」だとか、かなりめんどう。。。

特に一時テーブル(#が先頭につくテーブル)は厄介。tempDBというところに格納されるらしい。


なので、「あればテーブル削除」するストアドプロシージャを作成。


CREATE PROCEDURE MyDrop
@mytable nvarchar(255)
AS
IF EXISTS (SELECT * FROM dbo.sysobjects WHERE id = OBJECT_ID(@mytable))
BEGIN
exec('drop table ' + @mytable );
print '--- ' + @mytable + ' has been dropped.'
END
ELSE
BEGIN
declare @objid int
set @objid =OBJECT_ID('tempdb..'+@mytable)
IF EXISTS (SELECT * FROM tempDB.dbo.sysobjects WHERE id = @objid)
BEGIN
exec('drop table ' + @mytable );
print '--- ' + @mytable + ' has been dropped.'
END
END
GO


ビリヤードキューケース

ビリヤード キューケース
















乾燥材を入れる所付き!



【材料】
・塩ビパイプ(雨どい用)720円
 (直径60mm x 長さ770mm、直径60mm x 長さ45mmにカット。カット代含む)
・クッションシート100円
・ミラマット900円(このうち1%も使わないけど。。)
・取っ手用コキ105円
・取っ手用カン85円
・底鋲360円
・ファスナー80円
・布
・革(厚さ2mm)

【仕込み】
・ミラマットを、179mmx750mmにカットし、パイプ(堂)の中に貼る。上端と下端だけを、薄手の両面テープでとめる。

筒の仕切り
布とミラマットで作る。布=125mmx730mm、ミラマット=40mmx700mm。
①ミラマットを布に貼りつける。上下は中央、左右はミラマットの端が布の中央ラインに合わせて。
②布の上下両端をへり返す
③左右について、布中央を折り返してのりづけ。(端から30mmのところでノリ付け)。その後出っ張ったほうの布を10mmでへり返し、さらに10mmのところをへり返す。(これでミラマットが布で隠れる)
④上下について、上の50mmで折り返し、25mmのところを縫い付ける

内布(胴)の作成
布サイズ=210mmx810mm。
①布の上を10mmでへりかえしてノリ付け
②へり返し後、布の上から100mm、左右の中央ラインと仕切りの端から3mmのところを合わせて貼る。仕切りの端から3mmのところを縫い付ける
③左右の両端を縫い合わせる。上から50mmまでは8mmラインを、それ以降は10mmラインを縫い合わせる
④筒に内布をセットする。上から50mm出るところまで差し込み、折り返す。折り返したところをテープ止めする。下も、テープ付けする。

内布(蓋)の作成
布サイズ=209mmx95mm
①上下両端を10mmでへり返す
②左右を10mmのところで縫い合わせる
③パイプ(蓋)に装着し、両端をテープ止めする

蓋の作成
革=55mmx201mm(左右長さ=(直径+革の厚みx2)x3.14)
①下10mmを漉き、へり返す
②上に3mm(コマ合わせ用=キリで斜めに穴をあける)、下に2mm(ファスナー縫い付け用)の縫い穴を開ける。
③左右に3mmの穴をすくい縫い用(=キリで斜めに)を開ける
④天の革を、蓋の円周より左右1mm大き目に切り出し、3mmでコマ合わせ縫いの穴をあける

胴の作成
革=780mmx201mm(左右長さ=(直径+革の厚みx2)x3.14)
①上をへり返す
②上2.5mmに縫い穴をあける(ファスナー用)
③下3mmにコマ合わせ用縫い穴(キリ斜め)を開ける
④左右3mmにすくい縫い用の穴(キリ斜め)を開ける
⑤上側左にロゴ、右側にネームを刻印する
⑥下に40mmx15mmの穴(乾燥材用の穴)を開ける
⑦地の革を、蓋の円周より左右1mm大き目に切り出し、3mmでコマ合わせ縫いの穴をあける
⑧地の革に、底ビスを取り付ける

胴と蓋の合体
①胴と蓋にファスナーを縫い付ける
②蓋をすくい縫いし、続いて胴をすくい縫いする
③胴と蓋とのつなぎ革を取り付け、縫い付ける
 (つなぎ革=40mmx15mm、すくい縫いの布を傷つけないように縫い付ける
④乾燥材穴用の蓋を取り付ける(70mmx20mm)

※ まだパイプは付けない


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。