スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SAS:処理時間を計るマクロ

SASのログでは、実際に処理時間にどれだけかかったかが分からない。
ので、SASの処理時間を計測するマクロ関数を自作した。
ちなみにパソコンの体内時計を使用しています。

/*------------------------*/
/*-- 使い方 --------------*/
/*------------------------*/
%Timer_Init ; *←自作:タイマーを初期化するための関数 *;

data aaa;
set bbb ;
run ;

%Timer_Stamp ; *←自作:Timer_Initを走らせてから何分経過したかをログに出す *;

data ccc;
set bbb ;
run ;
%Timer_Stamp ; *←連荘使いOK。この場合でもTimer_Initを走らせてからの時間を計測 *;


/*----------------------------------*/
/*-- 自作マクロ関数 ----------------*/
/*----------------------------------*/

* 初期化用 *;
%macro timer_init;
%global __hazime ;

data _null_;
stime=datetime();
call symput("__hazime",compress(put(stime,best.)));
run;
%mend;

* 計測用 *;
%macro timer_stamp;
data _null_;
etime=datetime();
stime=&__hazime.;
int=etime-stime;
put "*** 開始時刻:" stime datetime.;
put "*** 終了時刻:" etime datetime.;
put "*** 処理時間:" int time.;
run;
%mend;
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。