スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NozbeをVBAで動かす:APIKeyの取得

VBでNozbeを動かすためのサンプルです。
整理しやすいように、小出しでアップします。 

以下は、NozbeAPIを使うためのAPIKeyを取得するサンプルです。
※ Nozbeにログインしてアカウント情報を見れば、載ってるものなので、わざわざVBで取得する必要もないかおしれませんが。。。

Sub ttttest()
    MsgBox GetAPIKey("aaa@bbb.com", "abcdefg")
End Sub
Public Function GetAPIKey(id As String, pw As String) As String
    Dim xmlHTTP As Object
    Dim txt As String
    
    
    Set xmlHTTP = getXMLHTTP()
    If xmlHTTP Is Nothing Then
        MsgBox "XMLHTTPオブジェクトの生成に失敗", vbExclamation
        Exit Function
    End If
    xmlHTTP.Open "GET", "http://www.nozbe.com/api/login/email-" & id & "/password-" & pw, False
    xmlHTTP.send ""
    txt = xmlHTTP.responseText
    txt = Mid(txt, 2, Len(txt) - 2) '両端の{}を除去
    GetAPIKey = Split(txt, ":")(1)
    GetAPIKey = Mid(GetAPIKey, 2, Len(GetAPIKey) - 2) '両端のダブルコーテを除去
    
    Set xmlHTTP = Nothing
End Function

'-- WEBの情報を取ってくるオブジェクト ---------------
Public Function getXMLHTTP() As Object
  Dim L As Long
  On Error Resume Next
  'セキュリティレベル & パフォーマンスの高い MSXML4を優先して作成する。
  '対応バージョンのXMLHTTPがインストールされていない場合は、
  '下位バージョンのXMLHTTPオブジェクトの生成を試みる。
  For L = 0 To 4
    Select Case L
     Case 0
      Set getXMLHTTP = CreateObject("Msxml2.XMLHTTP.4.0")
     Case 1
      Set getXMLHTTP = CreateObject("Msxml2.XMLHTTP.3.0")
     Case 2
      Set getXMLHTTP = CreateObject("Msxml2.XMLHTTP.2.6")
     Case 3
      Set getXMLHTTP = CreateObject("Msxml2.XMLHTTP")
     Case 4
      Set getXMLHTTP = CreateObject("Microsoft.XMLHTTP")
    End Select
    If Not getXMLHTTP Is Nothing Then
        Exit For
    End If
  Next
End Function

スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。