スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストアド:テーブルの有無(あるかどうか)で分岐させる

テーブルがあるばあいは、そのテーブルをドロップ(削除)するストアドプロシージャ。
ストアドの書き方・引数あるバージョンの書き方・IF文・EXISTS関数・BEGINとかの要素が入ってます。
関数のどこからどこまでって区切りが、CとかVBとかに比べてアバウトだなぁと感じてたんですが、「BEGIN」を使えばOKということを最近しった。。。


----------------------------
CREATE PROCEDURE TABLE_ARUNO
@TBLNAME char(100)
AS
BEGIN
IF EXISTS (SELECT * FROM dbo.sysobjects WHERE id = OBJECT_ID(@TBLNAME))
BGEGIN
exec('drop table CONTACTINFOVIEW_'+@year)
print 'table has been dropped [CONTACTINFOVIEW_'+@year+']'
END
END
go

--↓マクロ実行 --
TABLE_ARUNO 'MYTABLE' ;
----------------------------
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
  • 2012-11-03│17:24 |
  • [edit]

コメントを残す

Secret



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。