スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビリヤードキューケース

ビリヤード キューケース
















乾燥材を入れる所付き!



【材料】
・塩ビパイプ(雨どい用)720円
 (直径60mm x 長さ770mm、直径60mm x 長さ45mmにカット。カット代含む)
・クッションシート100円
・ミラマット900円(このうち1%も使わないけど。。)
・取っ手用コキ105円
・取っ手用カン85円
・底鋲360円
・ファスナー80円
・布
・革(厚さ2mm)

【仕込み】
・ミラマットを、179mmx750mmにカットし、パイプ(堂)の中に貼る。上端と下端だけを、薄手の両面テープでとめる。

筒の仕切り
布とミラマットで作る。布=125mmx730mm、ミラマット=40mmx700mm。
①ミラマットを布に貼りつける。上下は中央、左右はミラマットの端が布の中央ラインに合わせて。
②布の上下両端をへり返す
③左右について、布中央を折り返してのりづけ。(端から30mmのところでノリ付け)。その後出っ張ったほうの布を10mmでへり返し、さらに10mmのところをへり返す。(これでミラマットが布で隠れる)
④上下について、上の50mmで折り返し、25mmのところを縫い付ける

内布(胴)の作成
布サイズ=210mmx810mm。
①布の上を10mmでへりかえしてノリ付け
②へり返し後、布の上から100mm、左右の中央ラインと仕切りの端から3mmのところを合わせて貼る。仕切りの端から3mmのところを縫い付ける
③左右の両端を縫い合わせる。上から50mmまでは8mmラインを、それ以降は10mmラインを縫い合わせる
④筒に内布をセットする。上から50mm出るところまで差し込み、折り返す。折り返したところをテープ止めする。下も、テープ付けする。

内布(蓋)の作成
布サイズ=209mmx95mm
①上下両端を10mmでへり返す
②左右を10mmのところで縫い合わせる
③パイプ(蓋)に装着し、両端をテープ止めする

蓋の作成
革=55mmx201mm(左右長さ=(直径+革の厚みx2)x3.14)
①下10mmを漉き、へり返す
②上に3mm(コマ合わせ用=キリで斜めに穴をあける)、下に2mm(ファスナー縫い付け用)の縫い穴を開ける。
③左右に3mmの穴をすくい縫い用(=キリで斜めに)を開ける
④天の革を、蓋の円周より左右1mm大き目に切り出し、3mmでコマ合わせ縫いの穴をあける

胴の作成
革=780mmx201mm(左右長さ=(直径+革の厚みx2)x3.14)
①上をへり返す
②上2.5mmに縫い穴をあける(ファスナー用)
③下3mmにコマ合わせ用縫い穴(キリ斜め)を開ける
④左右3mmにすくい縫い用の穴(キリ斜め)を開ける
⑤上側左にロゴ、右側にネームを刻印する
⑥下に40mmx15mmの穴(乾燥材用の穴)を開ける
⑦地の革を、蓋の円周より左右1mm大き目に切り出し、3mmでコマ合わせ縫いの穴をあける
⑧地の革に、底ビスを取り付ける

胴と蓋の合体
①胴と蓋にファスナーを縫い付ける
②蓋をすくい縫いし、続いて胴をすくい縫いする
③胴と蓋とのつなぎ革を取り付け、縫い付ける
 (つなぎ革=40mmx15mm、すくい縫いの布を傷つけないように縫い付ける
④乾燥材穴用の蓋を取り付ける(70mmx20mm)

※ まだパイプは付けない
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。